独学は自由!だから難しい!!

あなたは自己管理ができるタイプですか?資格の学校に行くのが面倒という理由で独学を選ばれる方は、十中八九受かりません。残念ですが、何年か繰り返して仕方なくスクーリングに参加し、時間とお金を浪費されるというレール上にいます。これは既定路線です。

裏技!マル秘テク!!なんて売り文句で情報商材や教材を売っているサイトが方々にありますが、それで受かっても実務で困りますし、そもそもそんな裏口的合格法を見逃すわけがないのです。近年は資格の専門学校が限られた項目だけ教え込み、楽して合格させるものですから、そうはさせじと出題者側が対応をしている部分も見受けられます。専門の人員を雇い、研究を重ね、それで日々の糧を捻出している人たち(弁護士をはじめ、非常に頭のいい法律の専門家集団です)ですら、資格試験を完全攻略できないのです。そんな中、誰の力も頼らず、ペンと問題集だけで挑もうというのですから、困難な道であることは覚悟していなければなりません。この難局に挑むにあたり、学校に行くということすら我慢できない人間は、合格などありえないのです。

専門学校では、4時間ですとか、6時間といったまとまった時間勉強をします。問題演習やミニテスト、模試に宿題と様々な方法であなた方を縛ります。そうすることで効率的に合格者を生産するシステムなのです。これが悪いなどとはいいません。むしろ、実によくできていると思います。独学の際にも当然取り入れるべきです。しかし、独学では難しい利点というのもスクーリングにはあるのです。やはり、競争相手がいるというのが大きいのです。成績の順位が出れば、例年どれくらいの位置にいれば合格できるかわかりますから、目標の定め方が明確です。

一方、みなさまは独学で合格するという道を選ばれたわけですから、これ以上に効率的に、時間をかけて勉強しなければなりません。まさかとは思いますが、スクーリングに行く人間より少ない努力で受かろうなんて思っていませんよね?甘い言葉で受験者を励まし、人気者になったり、妙な商品を売りつけることは簡単です。しかし、私は皆さんの合格とその後を願うからこそ、そんなことはいたしません。学問に王道なし、なのです。


記事一覧ページへ戻ります